ロックでよろしく!

【ロックの歴史】1964年4月 – ジャン&ディーン 「Dead Man’s Curve」でトップ10に復帰!

【ロックの歴史】1964年4月 – ジャン&ディーン 「Dead Man’s Curve」でトップ10に復帰!
【スポンサードリンク】

ジャン&ディーン(Jan and Dean) Photo : http://www.rockmusictimeline.com/

ジャン&ディーン(Jan and Dean)は、アメリカのロックンロール・デュオ。 1960年代初頭に、ビーチボーイズによって確立されたカリフォルニア・サウンドとサーフ・ミュージックの先駆的な活躍をみせた。

1964年5月、彼らのシングル4作目「Dead Man's Curve」は、カーレースで事故となる十代の悲劇を歌ったもので、ビルボードのホット100シングルチャートで8位を達成した。

サーフ・ビートにハーモニーを加えた明るいサウンドは、太陽、波、サーファー、ビーチ、車と戯れるカリフォルニアを象徴したもので、黒人音楽やその社会をルーツとするロックンロールとは乖離した、白人の若者たちの青春をさらに高揚させるポップなロックであった。

Dead Man’s Curve – Jan & Dean

【スポンサードリンク】
【PR】
【スポンサードリンク】
Return Top
Translate »