ロックでよろしく!

【ロックの歴史】1964年4月 – テリー・スタッフォード 「Suspicion」でビートルズの独占するチャートに食い込む!

【ロックの歴史】1964年4月 – テリー・スタッフォード 「Suspicion」でビートルズの独占するチャートに食い込む!
【スポンサードリンク】

テリー・スタッフォード(Terry Stafford)

テリー・スタッフォード(Terry Stafford) Photo : http://www.rockmusictimeline.com/

1964年4月、テキサス育ちのシンガーソングライターであるテリー・スタッフォード(Terry Stafford)は、以前にエルビス・プレスリーによって録音されていた曲「サスピション(恋のおもわく) Suspicion」で、全米チャートで第3位、UKシングルチャートで第31位のヒットを記録した。

ビートルズが全米チャートの第1位から5位までを独占するなか、3位にチャートインし、プレスリーから続く、ロカビリーサウンドの健在ぶりを証明し、ゴールドディスクを獲得した。

Suspicion – Terry Stafford

【スポンサードリンク】
【PR】
【スポンサードリンク】
Return Top
Translate »